AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムUC episode6 感想

o06400856121022-kj-uc6_.jpg

本日先行上映を見てきました。勿論劇場限定ブルーレイと限定ガンプラ目当てでもありますがwww
まだ公開初日なのでネタバレ対策として続きからをご覧ください。あと、小説版の核心的な部分に触れながら書いているので小説版未読の方に関してもネタバレ注意の方向でお願いします。

まずはダイジェストですがep1から5までの内容が含まれているのでこれだけでもアニメ1話分に相当する長さだったと思う。次回のep7では今回のep6も含まれる事になるのでダイジェストだけで30分以上になりそう。でも、このダイジェストだけでもちゃんと今までのおさらいが出来るのがすごいところ。何故なら総集編作ろうとして失敗したガンダム作品はたくさんあるからである(Zとか0083とか08小隊とか・・・・)

ここからはepisode6の内容に触れていきたいと思います。
まずは小説版との相違点を自分で把握できる限りまとめてみたいと思います。
・ジンネマンがネェル・アーガマ乗っ取りという謀反を起こさない。アニメ版では一応乗っ取ろうという意思はあったみたいですが、マリーダを看病してたらそんな気が無くなってしまったという風に変更。
・ジオン共和国軍、風の会が一切介入してこない。アニメ版での扱いはフロンタルの演説でジオン共和国の名がチラッと出た程度。よってギリガンも出てきません。(ちなみに小説版ではジンネマンの謀反がきっかけで袖付きとジオン共和国軍の連合軍がネェル・アーガマに侵入して完全に占拠します)
・先のジオン共和国軍が出てこない事からネェル・アーガマ内での袖付きとの関係は占拠ではなく、共闘という名の一時的な同盟に変更。
・新たにバンシィ・ノルンとジェスタ・キャノンが登場。その代わり登場しないジオン共和国軍の影響でハイザックカスタムは登場せず。
・レウルーラでは足の無い赤いモビルスーツ(もしくはモビルアーマー?)が建造中。色からしてフロンタルの機体だと思われるが詳細は不明。
・小説版では占拠されてからガエルが様々な活躍をしていたが、アニメ版ではそもそもガエルがネェル・アーガマに搭乗してないので全面的にカット。
自分が把握できるのはこれぐらいです。まだあるかと思いますが大事な所が抜けてたらコメント等で指摘して頂けると助かります!当方は小説版読んでから結構年月経ってるのでうろ覚えなんですよね(^^;)後で読み返してみようとは思いますが・・・

次にepisode6の感想です。
これまでは戦闘シーンがよく取り上げられていましたが今回は控えめでヒューマンドラマが主になっています。なので、戦闘目当てで見に行くと拍子抜けすると思います。実際に一緒に見た友人は戦闘シーンが派手な種や00を通してガンダムを知ったクチなので「戦闘シーンが少なくて物足りないな」という顔をしてました。でも、私はヒューマンドラマを主に取り上げている0080や∀も好きなので全然OKだったのですが(笑)しかし、ヒューマンドラマを多く取り上げてる分ガンダムらしい会話のやり取りは多いと思うので富野ガンダムが好きな人にはウケると思います。
ガンプラ等のホビー関連で宣伝されてるジェスタ・キャノンやバンシィ・ノルンの出番は戦闘シーンが少ない影響で登場も控えめ。ジェスタ・キャノンはHGUCで商品化もされてるのに最初にガランシェール沈めたっきり出番ありませんでしたし(笑)バンシィ・ノルンとフルアーマーユニコーンガンダムも初登場しますが最後に少し刃を交わす程度で終了。この二体の決着はep7に持ち込みです(この後に小説版ではあの悲劇が起こる訳だが)。しかし、CGで描かれるフルアーマーユニコーンガンダムは必見です!このてんこ盛り装備の状態でアニメーションとして動かすとなると相当なカット数と手間がかかると思います。そりゃあ製作期間もかかる訳だwww
個人的に残念だった点はジンネマンの葛藤が軽く描かれてしまった事。尺の都合で短くなるのは仕方ないと思いますが、先に書いたとおり連邦に対する恨みからバナージやミネバのように組織関係なく分かり合うように割り切る事が出来ない事から謀反を起こしたりと小説版では心の葛藤がよく描かれていたので。その事からアニメ版は見てるけど小説版は未読な人には是非とも8巻を読む事をオススメしたいです!!アニメ版では描き切れなかった心理描写もしっかり描かれていますし、ヒューマンドラマでの心の動きは映像よりも文章の方が詳しく描けると思うので。
そして人間として成長したマリーダさんとオットー艦長にも注目して欲しいです。今までは形は変わりはしたものの何かと「マスター」の言いなりで動く事が多かったマリーダさんは自分からバナージを励ましに行ったり、マスターのジンネマンに自分の意思で動いていいか許可を求めたりと人間らしさが芽生えてました。でも、悲しいけど全部フラグなのよね。何かとマヌケな一面で癒しの存在だったオットー艦長も「袖付き、いやテロリストには屈しない!!」発言で評価は一転、やる時はやるいい艦長になりました。ep2の時にレイアム副長にダメ出しされてアホ面してたのが懐かしく思えてくるぐらい(笑)
今までは何を考えてるのかよくわからなかったフロンタルの素性をこのep6で理解できた人も多いと思います。フロンタルの言っている事は正しいように聞こえるが自分とは全くの他人事を言っているように聞こえてしまう。演説に対するこの解釈はシャアの再来のはずのフロンタルにはまるで感情が無い事が描かれています。少なくともシャアは人類の為を思いながらもエゴを掲げたり、いつまで経ってもララァの死を引きずってる情けない意味でも人間臭さがよく描かれてるキャラでした。だからこそミネバには「私の知っているシャア・アズナブルは本当に死んだんだな。」と言われる訳です。
ヒューマンドラマを描く中でも人間として成長してるキャラと人間臭さが全く無いキャラと対比して描かれているのが面白い所だと思いました。戦闘シーンはep7でたくさんあるらしいのでそちらも楽しみです。このep6はフィナーレを迎える為の橋渡し的存在だったと思います。エヴァQもそんな感じだった気がするけどwww
c3a4181e-s.jpg
そして気になるのがこの設計中の赤い機体。「足が無い」と言われてる事からジオングの強化型とも見れますし、もしかしてナイチンゲールなんて可能性も・・・しかし、素性はまだまだ謎です。

次回のepisode7は来年の春になる模様。とうとう1年間が空く事に・・・いや、ここは逆に考えるんだ!エヴァと違ってたった1年で続きが見れるとポジティブにね(笑)あと、1stのブルーレイBOXの発売も告知されてました。随分前にZとZZはブルーレイBOX化してましたが、この2作品よりも古い1stがどのように映像処理されるのか気になるところです。

戦利品
P1020035.jpg
今回はブルーレイが値上がったので合計12900円也!!痛い出費だが買わずにはいられないッ!!今日は並んでる間ずっと強風に吹かれてたので今までのユニコーン物販戦争の中で2番目に辛かったと思うwww(ちなみに1番は台風が来てる中外で並ぶ事によって嵐の中で輝いて見せたep2の時です!おまけに限定ブルーレイは5000枚しか出回ってなかったし)

P1020038.jpg
劇場限定版ブルーレイ。特典DISC【『機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE 2012 Reader's Theater“hand in hand”』(トークショーパートを含む完全収録版)、完全新規episode 6メイキング&インタビュー映像】がある為いつもより2000円値上がってます。

P1020045.jpg
最初からから集めているからこそもう後には引けないのだ!

P1020043.jpg
ep3から恒例になったフィルムくじ。ミネバ様~こっちを見てくれ~!!でも、ep5の空一色よりはマシかなwww

P1020037.jpg
今回の限定ガンプラ。中身はクリアカラーのローゼン・ズールです。また積みプラになる予感が・・・

P1020039.jpg
パンフレット。毎回声優インタビューが読みたいが為に買ってます。今回は甲斐田さんと柿原さんが二度目の登場。また、「袖付きはテロリストだ!」と言って屈しなかった場面から艦長としての成長が目立ったオットー艦長役の内田さんのインタビューが書かれてました。

機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 6 (初回限定版) [Blu-ray]

新品価格
¥5,978から
(2013/3/3 00:31時点)



小説版でおさらいするならこれ!

機動戦士ガンダムUC(8) 宇宙と惑星と (角川スニーカー文庫)

新品価格
¥620から
(2013/3/3 00:32時点)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
買った玩具をレビューしたり見たアニメや映画の感想を呟いたりとジャンルに囚われず好き勝手に更新するのが我がブログ。 社会人になってようやく趣味に費やす時間を確保する事の大切さを知った気がします(笑)

黄瀬きゃすばる

Author:黄瀬きゃすばる
年齢:24
性別:男
オタク歴:中学の頃にハマったエヴァが始りなので大体10年
→twitterのアカウント

当ブログの内容
・見たアニメの感想 ・買ってきた玩具のレビュー ・作ってみたガンプラまたはミニプラの紹介 ・twitterでは書ききれない雑記 が主になるかと思います。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
当ブログはリンクフリーです。 相互リンクも随時受付中!!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。