AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道旅行(釧路・帯広)

どうも、まだ旅行の疲れが満足に取れてませんが更新します。
昨日まで二泊三日の北海道旅行に行ってたのでその経緯を書いていきたいと思います。
[1日目]
女満別空港に下り、そこからレンタカーで移動。まず驚いたのは少し空港から離れただけなのに建物がほとんどない自然が広がっていた事だ。今年の春に秩父に出かけたときそこでの自然の風景に感動した事があったが、それを上回る光景がそこには広がっていた。P1000675_convert_20120817212229.jpg
こうしている間に屈斜路湖に到着。湖をまともに見たのは山中湖以来ですが大きくて見ごたえがありました。P1000680_convert_20120817212458.jpg
そして道の駅で熊笹ミックスソフトクリームを購入。道の駅でのソフトクリームの食べ比べは自分にとってはラーメンの食べ比べと同じぐらい好きな趣味だったりする。肝心の味の方は熊笹の方は新潟の笹団子のような風味ながらとてもクリーミー、バニラは北海道産の物を使っているのかとても濃厚。名物と言うだけあってとてもおいしかった。P1000682_convert_20120817212652.jpg
続いて摩周湖に到着。水が澄んでてとても美しい。P1000685_convert_20120817213056.jpg
このちっちゃい島がチャームポイント(笑)P1000687_convert_20120817213329.jpg
そして本日の宿は阿寒湖近辺の鶴雅ウィングス。公式サイトはこ↑こ↓P1000694_convert_20120817213640.jpg
ベランダから見た阿寒湖。またベランダには露天風呂が付いているのでこの風景を見ながら温泉を味わう事ができる。また地下と屋上にも大浴場があり、それぞれ正面または上から阿寒湖を眺めながら温泉にはいることができるので温泉好きな自分にはたまらないものだった。P1000689_convert_20120817214638.jpg
そして夕食。見ての通り普段の自分の食卓からは想像できない程のごちそうの山。もちろん美味。中には生だこのしゃぶしゃぶやイトウの刺身といった北海道ならではの素材もあり海の幸と山の幸を思う存分頂きました。P1000688_convert_20120817214215.jpg

[2日目]
せっかく大自然の中にいるのだからという理由で早起きしてジョギングをしてみた。さすがに朝の北海道は涼しいを通り越してちょっと肌寒い。コースは阿寒湖の周囲の道を選択。最初は車道があったものの途中から車道が無くなり完全な砂利道になり少し動揺しながらジョギングをつづけたら野生のシカを発見!!(嬉野君じゃないぞ)すぐに逃げられてしまったものの早朝からいいものが見れてちょっぴりいい気分。また道の両端は木に覆われているので空気が澄んでてとても気持ちがいい。普段線路の脇道でジョギングしてる自分にとってはとても最高のシチュエーションだった。さっきから言葉ばかりで写真が一枚も無いのはカメラを持ち歩いていなかったからなのだ・・・
朝風呂を味わった後に朝食。夕食同様これでもかと言うぐらい豪勢なものだった。一応言っておくがこれで一人分である。よって朝からこれだけの量を平らげるだけでも結構大変<^^;>この中で最も印象に残ったのが湯豆腐。熱が通っていながらも箸で軽くつまんでも千切れない上に弾力がある歯ごたえがあるのは質が良い豆腐だからこそできる業だと思ったからである。(仮面ライダーカブトの朝食シーンの湯豆腐を思い出したからというのはナイショだぞ)P1000690_convert_20120817214849.jpg
食事を見ての通り鶴雅ウィングスはとてもサービスが行き通っていていいホテルだったと思う。みなさんも次の旅行の宿の候補にしてはいかがだろうか。
続いてアイヌコタンにお邪魔。公式サイトはこ↑こ↓
ムックリ(アイヌ民族の楽器)の独特の音が鳴り響いているのが特徴。
P1000691_convert_20120817222855.jpg
そしてお土産として買ったのがこの手彫りのふくろうの置物。ポッチャリした体型が可愛らしくて一目ぼれしたので購入しました。決してジェットマンのイエローオウルの事ではない(笑)P1000711_convert_20120817224348.jpg
こうして阿寒湖を後にし、オンネトー湖に到着。何となくだが釣りのゲームでよく見かけそうな光景。P1000695_convert_20120817224703.jpg
続いて釧路市湿原展望台に到着。公式サイトはこ↑こ↓
まず湿原を見渡すためにサテライト展望台(サテライトキャノンじゃないよ)を目指す事になるのだが遊歩道が階段によるアップダウンが激しくてなかなか険しい。しかし写真を見ての通り草木が生い茂っており見ているだけでも心地いいのでいいウォーキングコースだと思う。P1000697_convert_20120817225307.jpg
P1000696_convert_20120817225022.jpg
そしてこれが展望台からの風景である。地平線まで見渡す限りの大湿原。その光景には圧巻ものだった。これを見た大半の人は「わざわざ歩いて来て良かった」と思うに違いない。
P1000701_convert_20120817225636.jpg

釧路を後にし、かなりの大移動をして帯広に到着。そして本日の宿は北海道ホテル。公式サイトはこ↑こ↓P1000707_convert_20120817230232.jpg
ここでの温泉はモール温泉が有名。モール泉(モールせん)とは、植物起源の有機質を含んだ温泉のこと。モール温泉ともいう。モールとは、ドイツ語で湿原(Moor)のこと。昭和初期には十勝川温泉を含め世界で2箇所しかないと言われている。見た目が琥珀色なのが特徴。一応別のホテルの物だが参考画像。02_p04.jpg
そしてお待ちかねのディナー。洋食のコースなので順を追って説明していく。
前菜
7種の十勝野菜とイタリアンプロシュートのテリーヌ豊潤なコンソメゼリーを添えて(スマン!写真撮り忘れた!!)
生ハムに巻かれた野菜とコンソメゼリーの爽やかな風味がうまし!また、MOCO'Sキッチンで出てきそうな謎野菜も多し。食の知識が浅くて本当にスミマセン!!
スープ
芽室町産完熟トマトの“ガスパチョ”
要するに冷たいトマトスープ。トマトの酸味がそれほど強くなく、トマトが苦手でトマトジュースなんか絶対手を出さない自分でもおいしく頂けた。個人的な意見だが冷たいパスタと併せてスープパスタにしても美味ではないだろうか。P1000703_convert_20120817230610.jpg
魚料理
スズキのソテー 芽室町産青首大根のブレゼ添え 野付産活帆立貝のゆず胡椒風味
まずはスズキのソテーだが白身は柔らかくパリパリした皮と一緒に実食。歯詰まりもせず魚の旨味のみを味わえた。大根の方は中まで味が通っており、とても柔らかい。この季節に大根の煮物を食べる機会はあまりないので貴重な一品だと思う。帆立は後味がしつこいイメージがあったがそんなことはなく、貝類独特の甘味が口の中に広がった。ゆず胡椒も素材の味を引き出しててとてもいい組み合わせ。
P1000704_convert_20120817232128.jpg
肉料理
牛フィレ肉のステーキと十勝産カリフラワーのドーム仕立て 夏の彩り野菜添え
肉の焼き加減はレアで注文。なぜなら、生の方が素材本来の味を楽しめる事と上質な肉でないとレアで食べる事ができないと考えているからである。ステーキはもちろん美味であり、ソースの味もそれほど強くなく肉本来の味をしっかり味わう事ができた。
P1000705_convert_20120817232815.jpg
デザート
桃のコンポート ミントの香り
下に広がっているピーチのシャーベットがとてもおいしい。またアルコールを抜いた白ワインも混ざっているのでほのかな甘みを表現している。上にある白桃も千疋屋で置いてありそうな高価な桃の味がする。
P1000706_convert_20120817233155.jpg
以上で2日目は終了。

[3日目]
今日も早起きしてジョギングに出かける。今日のコースは帯広市にある緑ヶ丘公園。公式サイトはこ↑こ↓
名前の通り市街地の中にありながら木が生い茂っており、動物園や記念館もある。朝行った時点で多くの人がウォーキングに励んでおり、人気の高さが窺える。実際に走ってみると森があったり池があったりと次々と風景が変わるので見ているだけで楽しい。また、ここでは野生のリスと遭遇(もしかしたらどうでしょうのブンブンブラウよりも野生動物と遭遇してる気が・・・)
朝食後、ホテルを後にし向かったのが六花亭本店。公式サイトはこ↑こ↓バターサンドが有名なのは御存知かもしれないが、本店でしか味わえないメニューがあると聞いたのでお土産購入も兼ねて行きました。
まずはサクサククリームパイ
冷たいができたてのようにサクサクしたパイの食感を味わえる。賞味期限が三時間らしいがそう言うだけの事はある。クリームも噛む度にあふれ出るほどたっぷり。これで130円なのは驚愕の一言である。
P1000709_convert_20120818005622.jpg
次に雪こんチーズ
お菓子の雪やこんこは食べた事がるがこちらは初めて。チーズの層が意外と厚くチーズケーキのような酸味があり、雪やこんこの甘いショコラの生地とは相性バッチリ。
P1000708_convert_20120818005354.jpg

以上で終了です。簡単に言えば今回の旅は自然と食を味わう旅だったと思います。特に自然は広大なものが多くて地元の埼玉では見られない景色が多かったです。食に関しても北海道は生産地としてはかなり恵まれているので新鮮なものばかりでした。また来年の夏も行きたいですね。(できたらの話ですが・・・)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
買った玩具をレビューしたり見たアニメや映画の感想を呟いたりとジャンルに囚われず好き勝手に更新するのが我がブログ。 社会人になってようやく趣味に費やす時間を確保する事の大切さを知った気がします(笑)

黄瀬きゃすばる

Author:黄瀬きゃすばる
年齢:24
性別:男
オタク歴:中学の頃にハマったエヴァが始りなので大体10年
→twitterのアカウント

当ブログの内容
・見たアニメの感想 ・買ってきた玩具のレビュー ・作ってみたガンプラまたはミニプラの紹介 ・twitterでは書ききれない雑記 が主になるかと思います。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
当ブログはリンクフリーです。 相互リンクも随時受付中!!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。