AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハートキャッチプリキュア! 完走の感想

img1058b2303_1_convert_20140213215116.jpg

テレ玉での再放送が本日最終回だったので大分前のアニメだけど感想記事かいてみようかなってw

確か去年の一月ぐらいから再放送がスタートしてその時は最弱呼ばわりされていましたが、今日は見事に最強になりました!

54999167.jpg
二月に食い込んだのは途中で夏の甲子園の予選大会の中継や埼玉県立高校入試対策の特番だとかでニチアサで言うゴルフ以上に潰される事が多かったからですw
画像は11月ぐらいに埼玉県立高校入試対策の特番で3週間ハトプリが潰された時の図。その時脇で「ふぅ~助かったぜ!」とほくそ笑んでいたのはカレイドスターである(笑)
5781437318.jpg
埼玉県立高校入試対策のこぶしパンチはニチアサのゴルフパンチやオリンピックパンチなんかより全然痛かったです(笑)


ここからは珍しくマジメに感想を
タイトルにハート=心と書いてあるだけあって心がテーマになる話が多かったです。敵も人間の弱った心や葛藤で生みだされるので妙にリアリティがありました。デザトリアンが元になった人間の悩みをぶっちゃけてそれを三幹部の誰かが嘲笑して、8161901f6e.jpg
「それは違うよ!」的なノリでプリキュアが反論し、デザトリアンを浄化して悩める子羊をちゃんと自力で解決に導いてあげるのがハトプリの大体の流れでした。

しかし、それだけでは終わらないのがハトプリ!プリキュア自身も心に悩みや葛藤を抱えていてそれが焦点になるドラマが面白かったですね。
シャイで引っ込み思案な自分が嫌で何とかして自分を変えたいと思うつぼみ、人気モデルでスタイルも抜群なももねえにコンプレックスを抱くえりか、見た目は美少年で武道の達人だけど普通の女の子らしくありたいと思ういつき、強くても目の前でパートナーのコロンの死を経験するという強大なトラウマがあるゆりさんと様々でした。
それが露わになったのが37・38話での弱い自分自身の心との対決だったと思います。「変わるってことはもう弱い私は必要無いのね・・・」というセリフが印象に残っていますが、「弱い心も自分の一部だから」と受け入れる描写もとても印象に残っています。「本当に自分自身を好きになるにはダメな部分も好きにならなきゃダメだよ」って俺が自己嫌悪に陥った時親に言われたっけな~w
この37・38話の+α的な感じで描かれたのが劇場版でオリヴィエに対する4人のアドバイスは最後の試練の経験がしっかり生かされているので見てて面白かったです。また、えりかが「つぼみは確かに変わったけどいい所は何も変わってないんだよね~」とサラって言うセリフがあるのですが個人的にはお気に入りの名セリフです!同時に「コイツ人の話を全然聞かない奴だったけど人を見る目あるんだな」と思いましたがw

既に円盤も出てるアニメなので再放送に頼らずともレンタルで一気に見るという選択肢もあるのですが、あえてリアタイと同じ週一放送で見続けといて良かったと思える部分もあります。それは一年かけて見たからこそブロッサムの成長ぶりがよくわかるからです!
p70203.jpg
最初は敵から最弱の烙印を押されたり敵前逃亡をしたりでしょうもない奴だったのですがw

p74814.jpg
「憎しみだけで戦ってはいけない!」と年上の人を呼び捨てにしてまで必死に説得したり

p74912.jpg
無限シルエットになって地球を救ったりと一年間でとんだ変貌を遂げました!
思えばあえて週一で見続けた一年間はつぼみの成長を見届ける一年間だったのかな~wちなみに当方は最初はダメでも最終的に強くなるキャラはとっても好きなのでガンダムシリーズで言えばガロードなんかも結構好みだったりしますw

c3f16a2d-s.jpg
また、ハトプリを見た事で私自身が変わった事もあります。それは推しキュアがマリンさんに変わった事ですw
ハトプリは割とシリアスな展開になる事が多かったのですが、それを顔芸とノリで上手くシリアスとギャグのバランスを取っているのがお気に入りの理由だったりします。オールスターズで数が増えてもキャラが浮くおかげで結構目立ちますしねw

img_835847_44440448_0_convert_20130121214316.jpg
なので「プリキュア界のモモタロス」と勝手に名付けていますがあながち間違いじゃないよね?モモ自身も電王がシリアス展開になってもいいムードメイカー役でしたし、オールライダーでも目立ちますしw

また、
p72813.jpg
夏休みの宿題がやってられないので敵の学校破壊作戦に便乗しようとするw

p73904.jpg
「浄化の力を使えば部屋も掃除できるんじゃね?」という謎解釈の為に私利私欲で変身w

p73905.jpg
タクトをマッサージ器扱いするw

1970f849.jpg
転び方一つで笑いを取るという並みのお笑い芸人では中々出来ない芸当を平気でやってのける!そこにシビれる憧れるゥゥゥ!!
といったように江頭2:50級の伝説の戦士プリキュアとも呼べる功績を残しているのもお気に入りポイントだったりw

ac496a2a-s.jpg
でも、決める時はしっかり決めるっしゅ!クモジャキーとの最終決戦がまさにそんな感じでした。ジャイアン映画ではいい奴の法則に乗っ取れば、普段からカッコいい奴より普段はヘッポコで頼りないけど、いざという時にカッコ良く決めるる奴の方がカッコよく見える法則ってあると思うのよねwマリン以外ではシャンゼリオンやギャレンなんかもこの法則に入ると思います(笑)

20120616172922d2a.jpg
心変わりさん「お前、前までピースちゃん可愛いwとかピースちゃんがナンバーワンだ!とか言ってなかったっけ?」
管理人「な、ナニイッテンダ!?人間に心変わりは付きものなんだよ!」


気になる点はラスボスのデューンの憎しみとは何だったのかイマイチわからなかったことですね。主役勢は4人バランスよくキャラが掘り下げられていて非常に良かったのですが、砂漠の使徒も敵ながらいいキャラが多かったので尺の都合があるとはいえもう少し掘り下げが欲しかったです。
またまたガンダムシリーズの話になっちゃいますが、デューンやサラマンダー男爵が度々言っていた「憎しみ」という言葉はガンダムでもよく描かれているんですよね。
o0500037710514751775.jpg
例えばフロスト兄弟だったら「ニュータイプだとかおだてておきながら勝手にカテゴリーFなんてランク付けした人間が憎たらしい。」
bf9ceccc.jpg
クルーゼだったら「勝手な理由でクローンとして自分を生んでおきながら能力が低いという理由で切り捨て状態。だからこんな自分を生みだした世界が憎い。」といったところでしょうか。
デューンにも地球を砂漠化してしまう程の憎悪を抱くようになった理由があると思うんですけどね(一応サラマンダー男爵は憎しみを抱く理由が描かれていましたが)
ba9fe051_convert_20140214003744.jpg
また、同じくテレ玉で再放送中のガンダムWではデューンが海に浮かぶ一輪の花と化していた事も記憶に新しいので一応記しておくw

21334941590901.jpg
ちなみに非公認戦隊の世界では・・・もうキリが無いのでやめときます(笑)

最後に総括ですが、スマイルから見始めてこれまで再放送を経てSS、フレッシュ、スイート、ドキドキを完走してきましたが一番満足度が高かったのはハトプリだったように思えます。先に挙げた作品では人数が多い為か「~の掘り下げが少ない気がする」なんて事があったりしたのですが、追加で二人増えても追加戦士ばかりに焦点を合わせるのではなく割と4人満遍なく掘り下げが出来ていたのではないかと思います(最近見終わったドキドキではどうも後半は亜久理やレジーナばかりに焦点が行っちゃってた気がするので)。キャラデザが明らかにおジャ魔女を彷彿させる子供向けなデザインなのですが、大人の心にもグッと来るような話もあるのでもっといろんな人に見て欲しい作品だと思います。どうせだったら俺ももっと早くこの作品に触れておきたかったよw
あと、えりかかわいい(笑)

5781554610.jpg
当ブログの管理人は「割とハトプリに近い作風じゃね?」と思ってるハピネスチャージも全力で応援しています!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ハピネスチャージは恋愛要素も入るらしいですが、マクロスFみたいに最終的には半ば二股状態か、鳥人戦隊ジェットマンのようにドロドロで複雑な恋愛関係になって欲しくないなと思ってますw


ラブリー役のまめぐさんだけでもすごかったですが、プリンセス役の藩めぐみさんも負けてなかったです。というのも、藩めぐみさんの母親はファーストガンダムのララァで知られる藩恵子さんですからね。プリキュア同様ドル箱であるマクロスで一世を風靡したまめぐさんといわゆる二世声優である藩めぐみさん、この組み合わせはいくら10周年だからといって、いい意味で反則ですwもう言葉が出ません。
ハートキャッチの時は奈々様だけ目立ってた感がありますが、ハピネスチャージはお互いの声優が特徴ありますね。


話はそれますが、きゃすばるさん、「聖闘士聖衣神話EX 専用ディスプレイステージ」という商品はかなり使えます。本来は聖闘士聖衣神話EXと聖闘士聖衣神話に使うものですが、アーツにも合います。パンチエフェクトが特に使えます。アーツのべジータ付属のエネルギー弾エフェクトよりもエネルギー弾らしいと思いますので、アーツのべジータに使ってみてはいかがでしょうか。それ以外にもきゃすばるさんのいつものフィギュアを使ったネタの表現の幅を広げるのに一役買ってくれるでしょう。きゃすばるさんのフィギュアのネタ、毎回楽しみにしてますので、差し出がましいようですが、アドバイスさせていただきました。

私のブログでの同商品の紹介記事です。
http://fishstar444.blog.fc2.com/blog-entry-189.html#more

Re: ぎがれんじゃーさん

日曜の朝からドロドロの恋愛ドラマはさすがに無いかとw(ファイズとかナージャとかから目をそらしながら)一応恋愛禁止令なんてのが出ましたが物語とどう絡んでいくのかが注目ですね!

藩めぐみさんはハンター×ハンターのゴンさんで知った身ですが、一話目から藩恵子さんがおばあちゃん役やってた事で親子共演が実現した光景を見た時は度肝を抜かれた覚えがw
ハトプリの時は奈々様もすごかったけど、現段階でも唯一セーラー戦士とプリキュアを両方演じた声優である久川さんも充分インパクトがあったと思います(笑)

セイントのディスプレイステージは前から気にはなってましたが、来月発売のインパクトエフェクトやマリオのステージセットなんかも欲しかったりするので当分お流れになるかと(_ _)
でも、これらがあれば更にパワーアップしたネタ画像が作れると思うので乞うご期待!!
プロフィール
買った玩具をレビューしたり見たアニメや映画の感想を呟いたりとジャンルに囚われず好き勝手に更新するのが我がブログ。 社会人になってようやく趣味に費やす時間を確保する事の大切さを知った気がします(笑)

黄瀬きゃすばる

Author:黄瀬きゃすばる
年齢:24
性別:男
オタク歴:中学の頃にハマったエヴァが始りなので大体10年
→twitterのアカウント

当ブログの内容
・見たアニメの感想 ・買ってきた玩具のレビュー ・作ってみたガンプラまたはミニプラの紹介 ・twitterでは書ききれない雑記 が主になるかと思います。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
当ブログはリンクフリーです。 相互リンクも随時受付中!!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。