AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGAW ガンダムダブルエックス レビュー

P1040879.jpg
「ダブルエックス起動!!」

こんばんわ~。台風のおかげで大学が休校になって平日のど真ん中に休日という漁夫の利を得られたきゃすばるです!
本日は「HGAW ガンダムダブルエックス」のレビューになります。ポケモンもやってますがガンプラも作ってるのよ!だってビルドファイターズ見てるとガンプラ作りたい欲がウズウズするしw

ちなみに前回のHGAWに当たるディバイダーは2010年12月の発売だったので、「2011年(機動新世紀ガンダムX放送開始から15周年)にはきっと文字通り15年目の亡霊としてHGAWのダブルエックスが出るに違いない!」と思っていた時期が私にもありましたが、残念ながらそんなオイシイ展開にはなりませんでした・・・

結局何だかんだで約3年近く経ち、「オールガンダムプロジェクト」の名目の元でようやく実現しました。私は3年も待ったのだ!!(CV.アナベル・ガトー)

それでは続きから~

P1040845.jpg

P1040846.jpg
全体像。平成三部作の機体であるXもゴッドもウィングもHGになるにあたってスマートな体型にされてしまいましたが、ダブルエックスは平成三部作特有のマッシブな体型が再現されていました。

P1040847.jpg
顔のアップ。ダブルエックスは物によってヒゲの部分の大小が異なるのですが、HGAWは旧1/144程ではないですが控えめな造形でした。

P1040849.jpg
ロボット魂ではヒゲが干渉して横に向ける事が出来ませんでしたが、今回は難なく顔を動かせます。

P1040850.jpg
マイクロウェーブ受信部はディバイダーと同じく銀のシールを貼った上にクリアパーツでの再現。ブレストランチャーは部分塗装しました。

P1040851.jpg
足のスラスター部も金で部分塗装しています。

P1040852.jpg
オプション。DX専用バスターライフルの色分けはシールで再現。それでもグレー一色だった旧キット版よりは進歩していると思います。ハイパービームサーベルは旧1/100と同じく平たい造形。ディフェンスプレートはアタッチメントでの接続式になっていました。

P1040853.jpg
フル装備。元々奪取した機体なので高性能なライフルとシールドを難なく準備出来ちゃうキッドはすごいな~なんて思っていたりw


ここからはアクション等を
P1040854.jpg
・顔を横に向けられない
・肩の引き出し機能が無いから肩に表情をつけられない
といったロボット魂版の弱点を両方クリアーしているのでライフルを構えた姿が非常に様になります。

P1040134.jpg
ちなみにロボット魂版で同じポーズを取らせたらこんな感じです。やっぱり睨みを利かせる表情って大事なんだな・・・

P1040855.jpg

P1040856.jpg

P1040857.jpg

P1040858.jpg

P1040859.jpg

P1040860.jpg
今回も平成シリーズの手ごろなやられ役としてゾロアット君にやられてもらいます!

P1040861.jpg

P1040863.jpg
平手はHGAWのディバイダーから拝借。

P1040864.jpg
ダブル串刺し!


P1040868.jpg
「月が見えた!ここならオッケーだ!!」

P1040870.jpg

P1040871.jpg

P1040872.jpg

P1040873.jpg
お馴染みのツインサテライトキャノン発射形態。ロボット魂版はパーツの差し替え変形式でしたが、HGAWは旧キット版と同じく差し替え無しの変形での再現でした。なのでリフレクターの接続部の劣化が心配です。

P1040874.jpg
でもやっぱりカッコいいな~www

P1040876.jpg
リフレクター部はモールドが掘られていたのでガンダムマーカーゴールドで塗装してみました。近づいて見ると粗が目立つのはご了承を(笑)

P1040877.jpg
エネルギーラジエータープレートは胸のダクトと同じ黄色の成型なのでここは金色での塗装推奨です。

P1040884.jpg

P1040885.jpg

P1040882.jpg
今回も申し訳程度の発射再現w

P1040886.jpg
トリプルサテライトキャノン!!

P1040888.jpg
HGAWのディバイダーと一枚。やっぱりディバイダーが弱々しく見えてしまうw

P1040889.jpg
確か劇中でも一回再現されたディバイダー装備。

P1040890.jpg
ロボット魂版と並べてみた。大きさがかなり異なります。

P1040891.jpg
可動範囲は狭いけど造形が細かかったり、Gファルコンとの合体再現が確定してたりとロボット魂版のみのいい所もチラホラあるのよ!

P1040893.jpg
顔の造形も大分異なります。こうして見るとHGAW版は子供に見えてくる(笑)

P1040895.jpg
長かった・・・この3体が揃うまで本当に長かった・・・



以上、「HGAW ガンダムダブルエックス」のレビューでした。

関節はウィングやビルドストライクと同じオールガンダムプロジェクト仕様の物が用いられているので可動範囲は非常に広いです。
しかし、色分けにやたらシールが多用されたり、平手パーツが無い低予算態勢は相変わらずでした。
なので部分塗装は今回も大事ですし、足りないパーツは他のキットからという流用する事も必要になってきます。

既にロボット魂でもダブルエックスは出ておりそっちも買っちゃったよ!という方も多いと思いますが、ガシガシ動かして遊ぶのはHGAW、受注販売中のGファルコンと合体させて飾るのはロボット魂と差別化するのもアリだと思います。HGAWに合体用の接続穴が見当たらない事からHGAW用のGファルコンが商品化される期待は出来ませんし・・・

今月末にガンダムXの全ての1/144,1/100シリーズが一斉再販されるらしいので、エアマスターバーストとレオパルドデストロイを並べてフリーデンチーム再現、チェストブレイクと対決シーンの再現なんて遊びも面白いと思います。俺もいくつか買ってこようかなwミニプラやウィザードリングで鍛えてきた塗装技術を旧キットで試してみたいですし。あと、中々再販されない為プレ値化した1/100のヴァサーゴ、エアマスターバースト、レオパルドデストロイを手に入れるチャンスでもありますぞ!!

次のオールガンダムプロジェクトシリーズはVガンダム!あの小さい体型を今の技術を用いて1/144サイズでどういう造形になるのか非常に興味深いです!!



ガンダム売ってるよ!!


ガロード「これもキッドが貯めに貯めたアイデアの賜物ってヤツか?」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
買った玩具をレビューしたり見たアニメや映画の感想を呟いたりとジャンルに囚われず好き勝手に更新するのが我がブログ。 社会人になってようやく趣味に費やす時間を確保する事の大切さを知った気がします(笑)

黄瀬きゃすばる

Author:黄瀬きゃすばる
年齢:24
性別:男
オタク歴:中学の頃にハマったエヴァが始りなので大体10年
→twitterのアカウント

当ブログの内容
・見たアニメの感想 ・買ってきた玩具のレビュー ・作ってみたガンプラまたはミニプラの紹介 ・twitterでは書ききれない雑記 が主になるかと思います。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
当ブログはリンクフリーです。 相互リンクも随時受付中!!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。