AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-Arts リザードン レビュー

P1020708.jpg
リザードン かえんポケモン
ちじょう 1400メートル まで ハネを つかって とぶことができる。こうねつの ほのおを はく。


こんばんは~日曜日が終わってしまいましたが本日も更新。今回はD-Arts リザードンのレビューになります。私はポケモンは初代世代で今から16年前の小1の時に誕生日プレゼントにリザードンのパッケージに魅かれて赤版を買ってもらったのですが今回もまたまたパッケージに魅かれて買っちゃいました(笑)よくよく考えたらポケモンの立体物に手を出したのは本当に久しぶり。昔はよくポケモンキッズやモンスターコレクションとか集めてたっけなw20代ホイホイなこの商品の出来栄えは如何に!!
それでは続きから~

P1020709.jpg

P1020710.jpg
全体像。尻尾がかなりの長さになっております。なのでパッケージもとても大きかったです。

P1020711.jpg
顔のアップ。しっかり特徴を捉えていると思います。ゲームのグラフィックだと顔が似てない事が多かったのでwww
P1020712.jpg
首に関節が二つ組まれているのでよく動いてくれます。顔を上に向かせる事も出来ます。

P1020713.jpg
もちろん口を開ける事も可能、舌もある程度は動きます。

P1020714.jpg
腕も肘は90度曲がり、肩はボールジョイントなのである程度引き出せます。

P1020715.jpg
足の付け根と足首は動くのですが、膝のボールジョイントは飾りです!偉い人にはそれがわからんのですよ!!

P1020716.jpg
翼、二段階で曲げる事が出来ます。まあ、アーツのダークウィングと同じ構造だと言った方がわかりやすいかもしれませんがwww

P1020717.jpg
尻尾。先に述べたように本体よりも長いです。他のリザードンの立体物はサイズの都合上尻尾が短い事が多かったのですが子供向けの商品ではないので思いきった設計になったのではないかと思います。

P1020718.jpg
切れ目が気になりますがある程度表情を付けられます。消えたら死ぬ事でよく知られている炎の造形がよく出来たクリアパーツになっております。

P1020719.jpg
オプション。モンスターボール型の魂ステージと炎のエフェクトが付いてきます。

P1020720.jpg
リザードンを置いたらこんな感じ。

以下ポーズ&アクション!!
P1020721.jpg
リザードンと言ったらこのポーズ。記念すべきポケモン1作目の赤のパッケージのポーズを再現してみました。今ではwi-fiで交換なんて当たり前かもしれませんが、17年前は通信ケーブルでポケモン交換なんてすごく画期的だったんだぞ!!

P1020729.jpg
かえんほうしゃ!!
私は最初にフシギダネをよく選んでいたので必然的にライバルはヒトカゲを選ぶのですが、俺の最高のエースであるフシギバナちゃんはよくこのかえんほうしゃで焼き殺されてましたwww

P1020723.jpg
そらをとぶ!!
アーツ龍騎のドラグレッダーを参考にして魂ステージの支柱を3本使ったら何とか浮かせられました。
何故か初代の赤・緑・青では覚えられませんでしたがピカチュウ版では覚えられるように改善されたんだっけな。BW世代ではタマゴ技等を活用すればドラゴンタイプの技も一通り覚えられるので本当に技のレパートリーが広くなったと思います。

P1020727.jpg
じしん!!
初代のレベルアップ技はかえんほうしゃと急所に当たりまくるきりさくぐらいしか強力な技が無かったので技マシンで覚えさせてた人は多いと思います。

P1020725.jpg
はかいこうせん!!
初代では威力が高い上にこの技でひんしにさせると反動無しで連射出来るので完全にキチガイ仕様の技でした(笑)特にタイプ一致補正が入るカビゴンやケンタロスが撃ってくるととんでもない威力にwwwだからこそはかいこうせんの技マシンが欲しいが為にタマムシのスロットに入り浸った人数は数を知れない!!

P1020728.jpg
まもる!!
羽の構造がダークウィングと同じだったのでガードベントの猿真似です。かつてはまもらなくても急所に当たりまくるきりさくでゴリ押しすれば勝てる時代がありました(笑)

炎エフェクトの使用例
P1020730.jpg
チョーイイサイコーの炎

P1020732.jpg
シュートベント!!

P1020733.jpg
炎を使うライダーとは相性がいいので汎用性が高いかと。

ここからはネタをいくつかwww
P1020734.jpg
ウィザード「さあ、ポケモンバトルだ!!」

P1020724.jpg
リザードン!俺に従え!!

P1020735.jpg
リザードン!かえんほうしゃだ!!

P1020736.jpg
シャンタッ君?

P1020740.jpg
グリーンバッチを持ってないのでウッディには従いませんwww

P1020738.jpg
ドラゴンと勇者(ただしリザードンはドラゴンタイプではありません!)

P1020739.jpg
ポケモンバトル。戦わなければ生き残れない!

P1020737.jpg
無理やり感がありますが眠りのリザードン。
アニメ版では命令無視して居眠りしてたらチャンピオン戦で戦闘不能と見なされて負けたなんて話があったようなwww

以上、D-Arts リザードンのレビューでした。
リザードンの立体物に手を出したのは小学生の時に買ってもらったプラモン以来なので圧倒的な技術の進化を感じさせられました。あらゆる部分が動いてくれるので尻尾の切れ目さえ気にしなければリザードンに愛着がある人も充分満足できる出来栄えだと思います。ポケモンのフィギュアと言えば子供向けの玩具ぐらいのイメージしか無かったのですが、対象年齢15歳以上の大人向けのポケモンフィギュアが発売されるなんて本当にいい時代になったと思います。赤緑世代ホイホイとでも言うべきかwww
今後もポケモンのD-artsはカメックス、フシギバナと初代御三家は発売する予定があるみたいなのでミュウツーはパスしちゃいましたが御三家はちゃんと揃えてあげようと思います。次はアーツzeroのキュアピースだな!!



ちょこっと解説
・プラモンって何?
プラモンとはポケモンのアニメが始まった97年からトミーが出してたポケモンのプラモデルです。しかしただのプラモデルではなくなんと全てのパーツには既に塗装がされており、シール無しで文字通り組み立てるだけで簡単に色分けが完ぺきなポケモンが出来上がってしまいます!!おまけに遊べるギミックも備えており、例えばリザードンだったら尻尾を動かしたら口も動いたり、カメックスは大砲?からBB弾が発射出来たり、ギャラドスは口が水鉄砲になってたりと様々。今になって考えてみると16年前のプラモデルでこれだけのギミックがあるってすごい事ではないかと思う。値段もビーダマンやミニ四駆と大して変わらないぐらいの価格でしたし。おまけにポケモンショックが起きてアニメが放送休止になってもプラモンのリリースは続いたので毎週火曜日にポケモンのアニメが見れなくてショボくれてた当時小1だった私にとっては心の支えになってましたwww






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

リザードンとか超懐かしいですね!
こういう世代狙い撃ちのアイテムを出してくるので、
D-Artsはやめられませんw

そういえば通信ケーブルとかありましたね・・・
小学生当時は決してお安いものじゃなかったので、
持ってる友達はまるでヒーローのように扱われてた記憶がw

Re: UFハルさん

リザードンだけでなく最近は本当に20代ホイホイな商品が多すぎると思います。セーラームーンとかリュウレンジャーとか本当20代の財布に対する殺意が見えるというか(^^;)
通信ケーブルは懐かしいですよね!よく通信ケーブル持ってる友達の家に遊びに行ったりしましたね(笑)
アドバンスの時は数人で持ち寄ってたこ足配線にしてダブルバトルとかもやりましたしwww
プロフィール
買った玩具をレビューしたり見たアニメや映画の感想を呟いたりとジャンルに囚われず好き勝手に更新するのが我がブログ。 社会人になってようやく趣味に費やす時間を確保する事の大切さを知った気がします(笑)

黄瀬きゃすばる

Author:黄瀬きゃすばる
年齢:24
性別:男
オタク歴:中学の頃にハマったエヴァが始りなので大体10年
→twitterのアカウント

当ブログの内容
・見たアニメの感想 ・買ってきた玩具のレビュー ・作ってみたガンプラまたはミニプラの紹介 ・twitterでは書ききれない雑記 が主になるかと思います。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
当ブログはリンクフリーです。 相互リンクも随時受付中!!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。