AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「プリキュアオールスターズ NS2 こころのともだち」 感想

P1020236.jpg

実は昨日見に行ってきました。本当だったら昨日書くべきだったと思うけどwww
ネタバレ防止の為続きからご覧ください。

内容としてはあくまでグレルとエンエンという妖精が中心になって物語は進んでいきます。今回はテーマとして「いじめ」を取り上げているらしくグレルは自分を正当化して悪い事をしてしまう首謀者、いわゆるジコチューって奴かなwエンエンは悪い事だと分かっていても自分から意見を言う事ができずなんでも言いなりになってしまう典型的な臆病者。また悪役に値する影のセリフの中にも「やっちまえよ~お前は正しいんだから」や「見ているだけで止めなかったお前も同罪なんだよ」等いじめの世界ではよく耳にするようなセリフも多かったのであまりにもいじめに関してリアルに描かれてたので懐かしさすら感じてました。何故なら私も小学生の頃は臆病者で散々いじめられて過ごしてましたしwだからこそエンエンは子供の頃の自分とそっくりだったので感情移入しやすかったです。決して褒められる話ではありませんがね(笑)
一方プリキュアの立ち位置はと言うと二人の妖精を手助けする教育者的存在です。オリキャラを手助けすると言う意味では前作と大して変わらないと思います。あくまで妖精中心なので尺の都合で32人全員が活躍する訳では無く教育者として機能してセリフが用意されているのはほんの一握り。なので実際にはセリフが一切ない人が大半ですwその中でも過ちを犯したグレルに対して語りかけてくれるパッションとビートには感動しました。何故なら私は再放送でフレッシュとスイートは見てる最中であり、本編の中でも自分の過ちと向き合うシーンが丁寧に描かれた2人なので説得力があります。よってフレッシュとスイートを見ていれば感慨深いシーンに見えると思います。もしかしてTOKYO MXとチバテレビはこうなる事を予見してた上で再放送してたのでは・・・いくらなんでもタイムリー過ぎるでしょwww
まとめてしまうと妖精によるストーリー性は良かったけどオールスターズとしては複雑な所です。子供からすればいじめを知るいい教育になるでしょうし、大人からすれば形はどうであれいじめに関わった経験があると「子供の頃に影見たいな事言ってた奴がいたな」等ある意味子供の頃を振り返りながら見る事が出来るかもしれません(笑)しかし、続編が作られる度にセリフ無し要員が増えていきその魔の手がスマイル勢に届くのもそれほど遠い未来では無いかもしれません(それでもマリンは電王のイマジン軍団のように根強く君臨し続けるでしょうけどwww)

セリフの有無をまとめてみた
・初代⇒今回は三人ともセリフがある上にキレのあるアクションも健在!メップルとミップルも妖精のリーダーとして仕切っていました。ポルンなんて飾りです!偉い人にはそれがわからんのですよ!!
・MH・5⇒セリフも無くほぼ空気!もう一度でいいからドリームさんのシビれるあこがれる~な名言が聞きたいです・・・
・フレッシュ⇒パッションに主役交代!そして一番しゃべっているのはタルトはんというオチwww他三人の空気っぷりはknpk!!
img_890911_13946309_3.jpg
サウラー君「主役交代なんてつらいね・・・」

・ハトプリ⇒平成ライダーで例えれば電王的存在。かなり露骨に優遇されてます。セリフがあったのはブロッサムとマリンだけですが、ギャグ化したマリンはモモタロスにしか見えなかったのは内緒の話(笑)
・スイート⇒こちらもビートに主役交代!ひびかな夫婦もミューズもほぼ出番無し!「私の可愛い可愛いアコの見せ場が少ない・・・」と悲しんでいるメフィスト様の姿が目に浮かぶwww
・スマイル⇒今作の主役その一。先輩としてドキドキ勢を引っ張っていくのかと思いきや先輩として機能してたのはビューティーさん位だった気が・・・まあ、ドキプリは始めから高スペックなので仕方ない気がしますがwww先輩と呼ばれて喜んだり、ピースサンダーのバンクを二種類使い分けられてたりとピースの優遇も勿論健在!れいかさんの後ろはゴルゴの後ろ並の危険地帯だという事が判明www
・ドキドキ⇒今作の主役その二。4人が打ち解けた上での日常シーンや4人同時の変身は本作が初公開だったりする(今日放送された回で4人同時変身は解禁されましたが)。一番下の後輩だろうが相変わらず高スペックは健在。しかし、スマイル勢以外のプリキュアと関わっているシーンがほぼ皆無だった事が残念な所。

結論⇒もう戦隊シリーズみたいにスマイルVSドキドキで良かったんじゃないかなw実質70分強の尺で全員に見せ場を作るのはどう考えても無理な話ですしwちなみに実際にしゃべってくれたのは32人中16人!残りの半分はセリフ無しでも活躍してたor最後の大技の時に手を添えるぐらいの事しかしてないので
94759452_624.jpg
ドラゴンボールで例えてしまうと悟飯がかめはめ波撃ってる時に手を添えてくれる悟空の幽霊のような存在が大半を占めてる事になりますwww


話は変わりますがついでにもう1つ紹介
P1020237.jpg
グッズは手を付けませんでしたが、プリキュア教科書より情報量がある?「スマイルプリキュア! コンプリートファンブック」を手に入れました。イラスト集、キャラ紹介、全48話のおさらい、声優・製作スタッフのインタビュー等980円とは思えない程内容が盛り沢山です!!

P1020238.jpg
あの伝説の顔芸が取り上げているあたり公式も良く分かっているなと(笑)ちなみに絶望ピースやジョーカーの顔芸はありませんでしたwww

P1020239.jpg
「おっと、これ以上見せられないな~続きは自分で買って読みな!!」(まさに外道www)

P1020240.jpg
ギャラリー「いいじゃねかよ~イラストとか見せてくれよ~」
保安官「イラストが見たい?ならば一つだけ見せてやろう!!」

P1020241.jpg
「アニメイトでもらえるポストカードだッ!!」
(アニメイトで購入すれば本当にもらえます)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とりあえず、SSと5のファンは泣いていいと思います。
まさかの一人もボイスなしは怒りたくなった人もいたんじゃないでしょうか?

ピースとソードに絡みがあったのはテンション上がりましたね。
推しキャラ二人が合体攻撃を披露してくれたのはめっちゃ嬉しかったw

きゃすばるさんの仰る通りオールスターズの看板を捨て、戦隊のVSシリーズ
のように現行と前作だけの共演にした方が良いんじゃないかな。
それか、ウルトラマンの映画みたく登場する過去キャラの人数を搾るとか。

Re: 涼村朔也さん

SSと5は二作連続でセリフ無しですからね~特に5は6人もいるので一人ぐらいはボイスがあっても良いと思うのですが・・・(だからこそいざという時にカッコいい事を言ってくれるドリームさんに声を・・・)
涼村さんはソードが推しキャラだったんですねw自分でも最近ソードの株が上がってますがwww
一応オールスターズの作品は一通り目を通しましたが、全員に見せ場を作れるのはDX3の時点で限界だったんだなと思います。DX3の時はまだ21人でしたが今では32人ですし(笑)いずれジコチュートリオが言ってたように100人もしくは1000人まで増えるのだろうかwww
プロフィール
買った玩具をレビューしたり見たアニメや映画の感想を呟いたりとジャンルに囚われず好き勝手に更新するのが我がブログ。 社会人になってようやく趣味に費やす時間を確保する事の大切さを知った気がします(笑)

黄瀬きゃすばる

Author:黄瀬きゃすばる
年齢:24
性別:男
オタク歴:中学の頃にハマったエヴァが始りなので大体10年
→twitterのアカウント

当ブログの内容
・見たアニメの感想 ・買ってきた玩具のレビュー ・作ってみたガンプラまたはミニプラの紹介 ・twitterでは書ききれない雑記 が主になるかと思います。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
当ブログはリンクフリーです。 相互リンクも随時受付中!!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。