AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGSEED パーフェクトストライクガンダム レビュー

P1020233.jpg
「やるね~、どうせ俺はまだ新米だけどね!!」

前回の次回予告から日が経ちましたが、満を持してHGのパーフェクトストライクガンダムのレビューになります。
前置きを長めに書くので面倒くさかったら飛ばしちゃって下さい(^^)

6年前の2007年。当時ファミリー劇場で再放送されてた「機動戦士Vガンダム」をキッカケにしてガンダムシリーズに入門し、高校生の時の友人に「Vガンダム面白いよ!」と言ってみたところ「Vは知らんがSEEDは見てて面白いと思ったよ。」と言われ興味がわいたので早速SEEDを見始めた。
そしてOPを見た瞬間に「何あのガンダム?すごいカッコイイwww」と一目ぼれ。そのガンダムこそエールストライクガンダムです。その時から「立体物のストライクガンダムを部屋に飾りたい」という欲求が出て来て、そうして手に出したのがHGのエールストライクガンダムであり生まれて初めて作るガンプラになりました。初めてなので塗装無しの素組みでしたが色々動かして遊んでました。そのおかげで関節は完全にヘタレてしまい、パーツの破損も相次いだので今では押し入れの中ですが(笑)そこからガンプラへの道に入っていきブリッツで黒く塗装する事を学び、1/144のターンXでスミ入れを学んだりと少しずつアレンジが出来るようになりました。
そして2013年。6年間もガンプラ製作が続いてしまいましたが、再びHGのストライクガンダムを組む機会を得ました。だったらどうする?その答えは「6年間で得た技術を惜しみなく注いで素組み時代の物とは比べ物にならないパーフェクトなストライクガンダムを組もうじゃないか!!」そして結果は続きから・・・

P1020229.jpg

P1020208.jpg
全体像。見ての通りてんこ盛り装備です。よって後ろに重心が来るので自立も少し難しいです。また、色分けはメインカメラのシール以外は塗装しております。

P1020209.jpg
マルチプルアサルトストライカーパックにするための増加エネルギーパック、ランチャー、ソードの各装備は新規パーツになっております。

P1020210.jpg
実はエールストライカーのウイングも新規パーツ。純来の2倍近くの大きさになっております。

P1020213.jpg
顔のアップ。相変わらず角は黄色一色なのでちゃんと塗り分けておきました。

P1020214.jpg
新規パーツによってストライカーパックが後ろに下がっている為、顔を動かす事が出来るようになりました。

P1020215.jpg
マルチプルアサルトストライカーパックにはディスプレイ用の穴があるのでこのように飾る事も出来ます。

P1020216.jpg
手首と足の関節は過去にホビージャパンの付録だった「HGガンダムSEEDカスタムキット」を使用。手首は多少動くようになり、足は可動範囲が広がりました。去年2セット買っといて良かったーーーーー!!

P1020217.jpg
ストライクガンダム本体はあくまでHGなので10以上前の古いキット。よって可動範囲も狭いのでまたまたカスタムキットに付属してた肩パーツを使ってポーズをつけます。

以下様々なポーズを取らせてみた
P1020219.jpg
以前1/144のランチャーとソードも買ってきて全部乗せなんて遊びもやった事がありますがここまでポーズはつけられなかったかな。

P1020220.jpg
対艦刀は今でも好きです!

P1020222.jpg
飛翔!!

P1020224.jpg

P1020223.jpg
かめはめ波エフェクトは汎用性高いですwww

P1020225.jpg
カスタムパーツのおかげで肩も引き出せるので両手持ちも楽ちん!!

P1020234.jpg
今はこのポーズで飾ってます。

P1020227.jpg
ビームブーメラン「マイダスメッサー」投げてるように見えるかな?

P1020228.jpg
ロケットアンカー「パンツァーアイゼン」リード線で再現できます。

P1020235.jpg
エールストライクガンダムのランナーは全て付いてくるので一応ライフルとシールドも同梱します。

劇中再現
P1020230.jpg
ラウ「ほう、今度は貴様がそれのパイロットか!ムウ・ラ・フラガ。」
ムウ「その声は、ラウ・ル・クルーゼか!!」
OPでは一応実現しましたが、最終決戦は結局エールのままだったっけな(^^;)

以上、HGSEED パーフェクトストライクガンダムのレビューでした。
ランチャー、ソードの各装備は新規パーツでしたがストライクガンダム本体はHGのままなので可動範囲が狭く、全ての装備を持たせようとするとキツキツの状態になってしまいうまくポーズがとれません。なのでカスタムキットがまだ手元にあるのなら惜しみなく使った方がいいです。そうすればRGに負けないぐらいカッコいい出来になると思いますよ。正直RGで出した方がいいのではという気持ちも山々なのですがRGだと定価がすごく高くなるから安く済むようにHGで出したのかもしれません。全装備が入っててビックカメラ価格で1280円は十分魅力的ですし。
6年間の集大成として製作したパーフェクトストライクガンダムですが、まだまだガンプラはやめる気ありませんよ!!www家にもガンプラの山と化している積みプラもたくさんあるので少しずつ消化しなくては(^^;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これで2000円行かないって凄いなぁ…

パーフェクトストライクはファンの妄想を実現してくれた機体ですね。
当時、SDガンダムフルカラーでエール・ランチャー・ソードを全て装備させたもんですw
こんなにカッコいいんだからスパロボにも隠し機体として登場させればいいのに。

No title

パーフェクトストライクは良いですね・・・
無茶だと分かっていても全部乗せは燃えてしまいますw
キット本体も新造されていればなおよかったのですが、
それでもここまで仕上がる辺り、
当時の技術の完成度には目を見張りますね^^;
私も最初にストライク組んだ時はパチで塗装は諦めた記憶がw

Re: 涼村朔也さん

非公式で生まれたネタなのにまさか公式が逆輸入するとは思いませんでした。HDリマスターの発表の時も「え、全部乗せ公式でやっちゃうの?」と思ったぐらいですしwww
もっとゲーム等でも活躍して欲しい機体ではあるのでEXVSの追加機体として出ないかと待ってたりしますw

Re: UFハルさん

組み立ててる時点でキツキツ感はありましたが色んな武装が付いたMSは私も好きです。ありったけの武装を全部乗せたフルアーマー・ユニコーンも同じ部類に入ると思いますし。
HGのSEEDシリーズは当たりハズレの差が大きいシリーズだと思いますが確かにストライクは当時にしては完成度が高かったと思います。おかげで全てのHGがストライクと同じような出来だと勘違いするようになったのでHGのフリーダム組んでガッカリしたのは今でも覚えてますwww
プロフィール
買った玩具をレビューしたり見たアニメや映画の感想を呟いたりとジャンルに囚われず好き勝手に更新するのが我がブログ。 社会人になってようやく趣味に費やす時間を確保する事の大切さを知った気がします(笑)

黄瀬きゃすばる

Author:黄瀬きゃすばる
年齢:24
性別:男
オタク歴:中学の頃にハマったエヴァが始りなので大体10年
→twitterのアカウント

当ブログの内容
・見たアニメの感想 ・買ってきた玩具のレビュー ・作ってみたガンプラまたはミニプラの紹介 ・twitterでは書ききれない雑記 が主になるかと思います。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
当ブログはリンクフリーです。 相互リンクも随時受付中!!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。